歯科衛生士を目指して

歯科衛生士の仕事を知る

歯科衛生士になる為の専門学校

歯科衛生士になる為の専門学校 歯科衛生士になる為の専門学校は、2015年5月時点で、全国に158校あります。
これは、全国歯科衛生士教育協議会に加入している学校の数です。
画工別にみると、大学が9校、短期大学が12校、専門学校が137校となっています。
教育期間は、すべて3年以上です。
歯科医学から保健衛生などの専門学理や技術を取得します。
また、子供からお年寄りまで多くの人と接する職業ですから、幅広い教養と知識、高い倫理性を身に着けた人間形成を目指した教育も行われます。
歯科医療に携わる人間としての素養を高める教育です。
さらに、歯科医療の進歩・高度化に伴う、時代に即した対応ができる人材の教育です。
常に学ぶ心を忘れず、自らステップアップできるような人材育成です。
歯科衛生士になる為の専門学校は、単に資格を取る為だけの教育ではありません。
これまでの就業先は、歯科医院や大学病院、総合病院など歯科専門に限られていましたが、介護施設や福祉施設などのケアマネージャー、企業の口腔ケア用品の開発など幅広い分野でも必要とされています。
歯科衛生士の資格を持った仕事を通じての経験が活かせる場が広がりつつあります。
時代の要請に応える人材の育成がなお一層必要とされています。

歯科衛生士になる為に専門学校は通うべきなのか

歯科衛生士になる為に専門学校は通うべきなのか 歯科衛生士として働く場合には国家資格を取得し、厚生労働省から歯科衛生士免許を受けなければいけません。
解剖学や口腔解剖学、また歯科英語、歯科材料学など多くの専門的な知識を得る必要があり、さらに実際に歯科医院での実習なども行う必要があります。
多くの専門学校が設立されていますが、実際には大学や短大でも資格を取得することができます。
ただ、専門学校の方が大学や短大よりも入学の際の試験の難易度が低いため、入学するためのハードルが低いという特徴があります。
専門学校に通う場合、昼間に学生として通うという方法が主なものになるかもしれませんが、一部の専門学校では夜間部も開設されています。
昼間は他の仕事を行い、夜の間に歯科衛生士になるための学習を行うという方法になります。
授業料などを昼間に働いて得たお給料で賄いたい、仕事をつづけながら資格を取得したいという人に適している方法だと言えます。
しかし実習を行う場合には歯科医院の開業時間が昼間になりますので、その間に仕事を長期間休まなければいけなくなってしまいますので、昼間の仕事と並行して夜間に歯科衛生士の勉強をしたいという場合には、その点にも注意が必要となります。

歯科衛生士関連お勧めリンク

細やかな技術指導とタイプの異なる多くの校外臨床実習先を準備しています。

歯科衛生士 専門学校